ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

年齢や犬種に合わせたドッグフードで


年齢や種類によってドッグフードを変える理由は、種類によって必要な栄養素が違うからです。
例えば子犬に、成犬用のドッグフードを与えると栄養が足りない場合があります。

私たち人間で例えるのなら、赤ちゃんが成長するには沢山のミルクが必要ですよね?
そしてその分成長をしていきます。
成長するにはそれだけの栄養が必要なのです。
だからこそ、年齢別に分かれていて、種類も分かれているのです。
それを与えて死にいたるということは例を見たことはありませんが、栄養の面ではやはり問題があるといえます。

特に体系維持をするにはドッグフードは適切なものを与えて「カロリーコントロール」をすべきだと思います。
また、ドッグフードを製作している会社によっては、種類に応じてドッグフードの配合や粒大きさなども組み替えられています。
それが全てが正しいとは言いがたいですが、私たちの知らない部分で企業側も努力をしています。

またペットを長生きさせたいというのならば、ドッグフードの量は適切に与えましょう。
ドッグフードの種類はもとより、上げすぎていてはどれだけ年齢や犬種にあわせていても無駄になります。
人間でいうと肥満傾向ということですね。
肥満になっていいことはありません。
動物は本来野生の生き物です。

私たち人間が動物と触れ合いたいという思いで犬やネコという代表格がペットとしてあげられていますが、その本来の形を忘れてあげないようにしましょう。
ペットとして飼育している以上は飼い主のさじ加減で全てが決まります。
太るのも病気になるのも飼い主次第です。
ペットとの信頼関係を作る上でもそのようなことには気をつけて飼育してあげて下さい。

また、ドッグフードの成分をしっかりと確認して、疾患などが出ないかどうかも確認するようにしましょう。
犬にあげてはいけない食べ物も沢山存在します。
全てを知るというのは大変かもしれませんが、ある程度の知識は身につけておきましょう。
ドッグフードの良し悪しもありますが、飼い主の知識次第で防げることもあります。
種類等は正しく使用するようにしてください!