ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

危険なドッグフードとはどんなもの


危険なドッグフードとは、大切なペットの健康を蝕むだけでなくて、大きな問題もあります。
例えばその代表な成分といえば、酸化防止剤などです。

これは「亜硝酸Na」などと表記されてる場合がありますが、発ガン物質を含むということが分かっています。
また、ブチルヒドロキシアニソールは膀胱がん等を誘発することも報告されています。

ペットは餌を選ぶことが出来ません。
ですから余計に飼い主がしっかりと把握をして与えなければならないのです。
またドッグフードにはどんなに細心の注意を払っても「完全な安全」はないといっても過言ではありません。
それは、輸入の過程や製品の安全、または加工手順なども含まれるからです。

では手作りの方がいいのか?それも一長一短です。
手作りには手間隙もかかりますし、安全面で言えば、カロリーオーバーや、知らない間に栄養が偏り健康作りに役立たない場合があるからです。またこのことに関しては沢山の著書も出ていますし、ネットで調べるとより分かると思います。

私も最初はペットショップで購入しているから安全だ…と安心していましたが、実際はそうではありません。
正しい知識を持つことが大事だということが分かりました。
その中でも何点か抑えるべきポイントがあるのです。

まず、安すぎるドッグフードの栄養成分を見ること、値段で判断しないこと(高くても、安くても、どちらも悪い場合があります)獣医さんが安心してオススメするシリーズなら、多少割高ですがまだ安心だといえます。
他にも、ブリーダーが愛用しているドッグフードも参考になるでしょう。

例えば危険なドッグフードを与えて病気になったとしましょう。

ペット保険に入ってない場合は大抵が一回の病院の検査(レントゲン等)で3万以上の高額が飛んでいきます。
そしてそれに追加してお薬等を含むと更に費用は増大します。
それならば健康であるほうが、動物にとっても私達飼い主にとってもメリットがあると思いませんか?その場だけでなく、長期的な「健康」に視点を向けることが第一歩です。

動物の命を短く、長くするのも飼い主次第です。
ペットと長く歩みたいのならそのような部分をしっかりと考えていきましょう!

▼こちらでは添加物不使用の人気のあるドッグフードが紹介されています。

愛犬を守ってあげられるのは飼い主です。
是非、ドッグフードについて詳しくなってください。