ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

手作りドッグフードの方がいい?


犬を育てている人は世界中にいます。
もちろん、日本でも数多くの方が犬を飼っています。
犬は人間とともに生きてきた歴史がありますし、人間のほうでも犬は無くてはならない存在となっているでしょう。

犬を家族だと思っている方は大勢いますし、犬が健康的な生活を送れるように様々な努力を重ねている人は多いと思います。
犬は基本的に人間に飼われている存在です。
よって、人間が親身になって犬の面倒を見てやらないといけないのです。犬は人間の力なしでは生きていくことはできません。
飼い犬は特にそうです。
人間がきちんと育ててあげることを前提として進化してきたのが現在の飼い犬なので、毎日散歩をしてあげたり、餌を与えることが大切なこととなります。

犬にあげる餌はほとんどの方は市販のドッグフードを購入していると思います。
そして、毎日決められた時間に決められた量のドッグフードを与えているのが普通でしょう。
しかし、犬を飼っている人達の中には、自分自身で犬の餌を手作りで用意している人達がいます。

そのほうがより犬に愛情を持って接することができるからでしょう。犬の餌を用意するのに、手作りで餌を作ってあげるのか、市販のドッグフードを利用するのかどちらのほうがよいのでしょうか。
どちらにもそれぞれメリットとデメリットが存在すると思います。

まず、市販のドッグフードを使用するメリットとしては、やはり簡単であるということです。
ただ、毎日与えるだけで良いのです。
特に準備をする必要はないです。

ただし、デメリットとしては、最近のドッグフードには様々な添加物が含まれていることが多いです。これらの添加物のおかげでドッグフードがなかなか腐らずに済むのですが、その反面犬の健康には悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。手作りの場合はメリットとしては、安全面に優れていることがあげられます。

しかし、バランスのよい餌を作る必要があり、時間も取られてしまいます。それぞれの良さを理解した上で、どっちにするのかを決めると良いでしょう。