ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

日本製と海外製ではどちらのドッグフードがよい?


これは海外と日本とでは栄養の表記の仕方、環境が違うのでどちらにも一長一短とはあるものの、ドッグフードの切り替えなどは注意をして下さい。

現在、海外のドッグフードを使っていて、急に日本のドッグフードに切り替えようとする場合は与える量が違います。
そして、栄養面も変わってきます。

私は安心できる国産がいいと思いましたが、それも「国産」だから良いといのではありません。
事前にしっかりと勉強をして理解しました。
国産でも添加物の表記はしっかりと確認しましょう。
例えばですが、人でいうとお菓子がありますよね?あれは日常食で対応できると思いますか?答えはNOですよね?何故なら高カロリーでエネルギーも長続きしません。
そして栄養も偏っています。

私達日本人が基本、お米を主食しているにはそれなりの理由があります。それはペットの世界でも同じです。海外製品でも優れているものもありますし、日本の製品でも粗悪品はあります。
(御幣がありますが)それらは正しい知識を身につけることで確実に理解できます。
健康を優先的に考えるなら栄養面とカロリーバランス。
そして自分のペットの種類、そして重要な添加物等です。
これだけは最低限見るようにしてください。

大事な愛犬の健康を維持するのがドッグフードですが、値段に踊らされてはいけません。
高くても安くても同じことが言えます。
ただこれは私の見解ですが、日本の国産ドッグフードは品質管理がある程度きちんとなされています。

そういう面では安全性は少し高いといえるのではないかと思っています。
これは一個人の意見ですので、先程申し上げたようにしっかりと成分表を見てください。
またどれだけ優れたドッグフードであろうが、与えすぎは良くありません。
お腹が空いているからかわいそうと思うのではなくて、その際にあげるほうが、数年経過する事でペットの体に悪影響があります。
必ず規定量にとどめましょう。
それは人間のエゴです。

ペットは与えられたものを食べてしまいます。
長生きで健康的な生活を送らせるのならそこは正しく考えましょう!