ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

ドッグフードの与える量は?


犬は基本的に動物であり、人間と共通していることは多いです。
たとえば食事に関しても似ている部分があります。
それは、基本的に成長期の時ほどよく量を食べて、成熟してしまうとあまり食べなくてもよいということです。

しかし、人間の場合は、大人になっても子供の時と同じ量を食べている人が多く、それが原因で太ってしまっている方が多いようです。
犬の場合も人間と同様に年齢によって食事の量を調節してあげる必要があります。
年齢別ドッグフードのあげる量はこちらを参考にすると良いでしょう。

野生で生活していたときは、自分で狩りをして食事の量を調節できるため、特に食事の量を気にする必要はなかったでしょう。

また、野生の場合はそもそも食べるものに不自由しないという状況自体が珍しいことだったので、食事を取り過ぎるような心配もなかったはずです。
しかし、犬が人間に飼われるようになると、基本的に食事の内容や量などはすべて飼い主任せになってしまいます。
犬は与えられた食事はよほどお腹がいっぱいであるという事にならない限りは拒否をしないことが多いでしょう。

これは、おそらく野生の時は食べ物が食べられる時にその機会を逃さないように本能に植え付けられているのでしょう。
よって、飼い主が犬に餌を与えれば犬は喜んで食べます。
犬が喜んで食事をしている様子を見ていると、飼い主としては喜ばしい状況でしょう。

しかし、あまりにも餌を与えすぎてしまうと、犬は簡単に太ってしまいます。
その結果として様々な病気を引き起こしてしまう可能性もあるので、犬の食事の量には気を使うようにしましょう。
犬の年齢に合わせて徐々に食事の量を調節するようにしてください。
また、犬種別のドッグフードもありますので、愛犬に合わせたドッグフードを選んであげましょう。

すでに太らせてしまった場合には、ダイエット用のドッグフードというものがありますのでそちらのタイプに変えてあげることと、お散歩など運動もしっかり行ってあげましょう。

また、犬の運動量や便の様子、犬の大きさや食欲などを常に観察することによって、その犬にとってどれくらいの量が丁度良い量であるのか見極めることが大切です。
犬は個体差が大きいので、一概にこれぐらいの量を与えるのがベストであると決めつけることは難しいです。
やはり飼い主が犬をよくみてあげて、決めるべきことなのです。
こちらには人気のある有名メーカーのドッグフードがいくつか紹介されています。