ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

安全なドッグフードとは


安全なドッグフードは私たち飼い主にとっては手に入れたいドッグフードですよね?
ですが実際は結構難しい問題なのです。
その理由はワンちゃんいよって疾患も違えば、栄養のバランスも大切です。

年齢という部分はありますがカロリーの問題などがあるからです。
例えば体調を崩しているワンちゃんがいればドッグフードは柔らかめの物を与えてあげるなどしないとなりません。

そういう風にして常に飼い主がアンテナを張ってないとなりません。
ですがここでいう安全というのはオールジャンルに対してのことだと観点をおいて説明します。

安全というのは間違いなく無添加だということです。
添加物が入っているものは比較的リーズナブルな値段が多いですし、栄養成分を見てみると添加物が沢山混入されています。
それによって疾患が出たりする場合もありますし、中には発ガン物質が含まれているものもあります。
こちらでは、無添加の原料にこだわって作られたドッグフードが紹介されています。
こういったものをあげるのが理想ですが、知らないうちに添加物入りのドッグフードを「与えている」という事実です。

表記が違うようにされている場合などもあります。
本当に気をつけるのなら獣医師に相談した後に、指定されたものを購入されるのがオススメだとは思います。
市販の商品でリーズナブルな物は基本的に混入されています。
気をつけてください。

安全なドッグフードを目指して、手作りで作られる方がいるのですが、これにも落とし穴があって、栄養が偏ってしまうということがあります。
ビタミン、たんぱく質、ミネラル、水などのバランスが本当に大事です。
健康状態を見るにはカラダにサインが現れています。

目ヤニはついてないか?
ブラッシングをしてみて抜け毛が多くないか?

なども日頃から確認してあげてください。
それもスキンシップになりますのでよりペットとの信頼関係を築くきっかけにもなります。
日頃から注意深くして健康に気をつかっていればサインを見落とすことは少ないかもしれません。
そしてなるべく安全に気を使ったドッグフードを使用してあげることでペットの健康も助けられます。
その辺りを参考にしてみて選んでみてください。