ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

ドライタイプとソフトタイプはどちらがよい?


犬を育てるときには色々と悩んでしまうことが多いと思います。
できれば健康的な状態にしてあげたいと思うのは犬の飼い主であれば当然のことですし、そのためにはできることなら、どのようなことでもやりたいと考えている方は多いでしょう。
犬の健康のためにやってあげられることは色々とあります。

人間の場合もそうですが、やはり食事に気を使ってあげることが犬の健康にとっては一番よいことでしょう。
健康的な食事をすることから健康的な体を得るためのスタートとなるのです。
健康的な食事をしている人間が長生きできるのと同じように、健康的な食事をしている犬は長生きすることができます。

犬に食事を与える場合は、一からすべて自分で作っていらっしゃる方も当然いるでしょうが、やはり、ほとんどの方はドッグフードを犬に与えることの方が多いようです。
犬に餌を与えるときは毎日用意する必要があるので、それならば最終的にはドッグフードを購入して、犬に与えるのが一番よいことだと気がつくはずです。
ドッグフードを選ぶときに悩んでしまう点は色々とあるでしょう。

ドッグフードはおおまかに分けるとドライタイプとソフトタイプの2種類があります。
ドライタイプとは水分の量が少ないタイプです。
ソフトタイプというのは水分の量が多いタイプであり、食べやすいドッグフードとなっています。

ドライタイプとソフトタイプのどちらのほうが犬の餌として良いのか悩んでおられる方がいるかもしれません。
基本的には、若い時や年老いた犬に対してはソフトタイプを与えて、成犬に達するような頃にはドライタイプを与える方がよいです。
基本的にソフトタイプのドッグフードというのは離乳食として与えることが多いです。

ソフトタイプをいつまでも食べさせてしまうと顎の力が衰えてしまうことになります。
よって、ソフトタイプから徐々にドライタイプに変えていくのが良いでしょう。
ドライタイプは犬が嫌がることがあるかもしれませんが、毎日与えていれば嫌がらずに食べるようになります。


↑こちらには猫ちゃん用のキャットフードの種類についてかかれています。
愛猫がいる方はこちらのサイトを是非ご覧ください。