ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

日本のドッグフードの安全基準はどうなってる?


日本は食の安全性が高い国であると言われることが多いです。
特に中国などは食の安全性に問題があると聞くと、日本に住んでいてよかったと思われる方も多いのではないでしょうか。
実際に、日本では食品の安全検査などもしっかりと行われていて、諸外国に比べても厳しすぎるのではないかと言われているほどです。

日本で食の安全性に関するニュースが最近は頻繁に聞くようになりましたが、この事自体が日本では食の安全性に国民全員が気にかけていています。
その結果として食の安全が守られているといっても良いでしょう。
基本的に人間の食べるものに関しては安心をしてもよい国なのです。

一方で犬などのペットの食べ物はどうなのでしょうか。
人間に対しては厳しい制限が設けられているのですから、当然ドッグフードなどに対しても厳しい検査が行われていています。
なので、安全性に気を使われていると思っている方が多いかもしれません。

しかし、実際は違うのです。
日本でペットショップやホームセンターなどで売られているドッグフードというのはほとんどが外国産です。
ドッグフードは外国で大量生産しているので、これらが輸入されて、安く販売しているのです。

ペットを飼っている側もどちらかといえば、安めのドッグフードを求めている人が多いので、こういう状況となっているのです。
しかし、ドッグフードの大量生産国であり、そこから日本に輸入されてくることの多いアメリカは日本よりも原材料などに対しての規制が甘くなっています。
当然、そのようなアメリカから輸入されてきたドッグフードには質の悪い肉が使われていたり、犬にとって危険性のある成分が含まれていることが多いのです。

そして、日本ではペットフードに関しての基準はアメリカの基準をそのまま使っているという現実があります。
これはほとんどのペットフードをアメリカからの輸入に頼っているせいでもあります。
よって、日本では人間に対しての安全性の基準は非常に高いのですが、ペットに関する基準は非常に低いのだということを理解しておきましょう。