ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

ドッグフードを食べない子はどうする?


犬を飼ったことがなくて、なおかつ犬のことが好きだという方は犬に対してかなり好意的なイメージを持っている人が多いでしょう。
特に、友人や親戚が犬を飼っているような場合は、犬を飼っている家に遊びに行けば、たいていの犬はすぐに懐いてきます。
そんな姿をみていると、自分も犬を飼いたいなという気持ちが強く目が得てくることも少なくないでしょう。

犬は素晴らしいものであり、犬を飼うことは楽しいことの連続だと想像するのです。
しかし、実際に犬を飼ってみると、それほど単純なことにはなりません。犬は生き物です。

よって、機嫌が良い時もあれば、機嫌が悪いときもあります。
常に飼い主にじゃれてくるというわけではないのです。
また、犬も人間と同じように赤ちゃんの頃があり、子供の頃があり、おとなになり、やがては老衰していくのです。

それぞれの時期で犬の性格や行動、好みなども変化していきます。小さい犬であれば当然反抗期のようなものが訪れることがあります。
たとえば、あなたがドッグフードを与えてもそれを食べないということがあります。

この場合は色々な理由を考えられるので、犬が反抗期だと早合点するのはあまりよくはないでしょう。
ひょっとしたら、あなたの与えているドッグフードにアレルギーを持っているかもしれないので、念のため別のドッグフードを与えてみるのも良いでしょう。
しかし、特にアレルギーもみられず、ドッグフードを変えて対応を考えて行動すると思います。

ですが、あまり元気に食べないという場合は、犬が反抗期であり、わがままな態度を取っているせいだということが考えられます。
この場合は、犬がドッグフードを食べないときには、そのドッグフードを下げてしまうのがよいでしょう。
犬は一日ぐらい食事を抜いたとしても、特に問題はないです。

お腹が空けば、たとえ自分の気に入らないドッグフードであっても、反抗的な態度を取ったとしても、ドッグフードをやがては食べだすでしょう。さすがに何日もドッグフードを与えて食べださない場合は獣医さんに診てもらいましょう。