ドッグフードの種類犬用補助食アレルギー用リコール事件

多頭飼いで同じドッグフードでは駄目


厳密に言えば年齢さがある場合は栄養のバランスが崩れることになるので良くないとされています。

ですが忙しい人はそれも気にしていられないのが現状ではないでしょうか?ですが、幼犬と成犬がいる場合はドッグフードの種類を変えてあげないと幼犬の方が栄養不足になります。

多少面倒でもそういう部分はケアをしてあげないとなりません。
特に疾患がある犬も中にはいるのでその面のケアは難しいと思います。
多頭飼いはやはり家族が増える感覚と同じでしょうから、より幸せや楽しみも増えることでしょう。

ですが楽しさの裏側には、大変さもあるということを理解しないとなりません。
飼い主として、命を管理しているのですから決して軽視してはいけないのです。
動物の命は飼い主次第で決まります。
悲しい別れを迎えないためにも、しっかりと栄養管理を行っていきましょう。
そして同じドッグフードでの問題の際に起こるのはドッグフードを与える時間が統一されていれば問題ないですが、忙しくて生活リズムが変わっている方は大変ですよね。
そういう場合はゲージを変ええでもえさをしっかりと分け与えるようにしてください。

シニアとジュニア用でも同じです。
与える種類が違いますので当然含まれる栄養成分は異なります。
シニアの犬からすれば過剰摂取となりますし吸収できないので胃に負担がかかって逆に体を壊す恐れもあります。

またジュニアの犬は、栄養が足りません。
どちらにもメリットはありませんので多頭飼いの難しさではありますが、ドッグフードを与える際は分け与えましょう。

多頭飼いのメリットもあればデメリットもありますが、そのようなことはどんなことにだって例えられます。
ペットだからとかではなくて、命を預かっているという認識を改めてもち、健康な犬の体調を整えてあげてほしいと思います。
健康な姿を見ているだけで癒されるのと同じで、苦しんでいる姿は見たくないはずです。

防げることは未然に防ぐこと。
小さな注意や行動で必ずできます。
面倒でも続けてあげて下さい。